Hamdel


水タバコ(シーシャ)の人体への人体への影響について

Wikipediaによると。
WHOに存在する『たばこ製品規制研究部会』が
2007年5月31日の世界禁煙デーに向けた研究発表がありました。

●紙タバコ
紙巻タバコが1本を吸い終わるのに
平均5~7分間のうちに8~12回煙を吸入

水タバコ(シーシャ
水タバコは20~80分の内に50~200回もの煙を吸入する
吸い込む煙の量だけを比較する場合は紙巻タバコ100本分にもなるという。

WHOのTobacco Free Initiative (TFI) 発表の
Tobacco: Deadly in any form or disguiseによれば
水たばこも含めて、
あらゆる形のたばこ製品は喫煙者やその周囲の非喫煙者の
健康を脅かす重大なリスク要因であることとも明言されている。

イギリス保健省などの調査によると
水タバコ一回分の吸引によって体内で発生する一酸化炭素の量は
紙巻きタバコ1本分で発生する量の約4~5倍にものぼり
これによる脳などへの重大な影響が懸念されるとされています。

通説では「紙巻きタバコよりも安全」と見なされがちな水タバコ吸引の危険性について
同省や関係機関では注意喚起を行っている。

その他にも、複数人数で一つの水タバコを共用する際に
マウスピースなどを交換せずに回し吸いを行った場合、
肺結核、ヘルペス、インフルエンザなど経口感染による様々な病気の伝染も懸念される。


水タバコってなに? 人体への影響について 水タバコ(シーシャ)お役立ちリンク